2018年01月31日

grazie mille,FUKUOKA!!

皆様おひさしぶりです!
ペルトッシーニ元オーナーの野方です。
お元気ですか??

ペルトッシーニは2017年の12月30日で幕を下したのですが、
最後の最後まで沢山のお客様に愛されていたと実感できました。
心よりお礼申し上げます。
本当にありがとうございました!!
5年半もの間、ご愛顧頂きましてありがとうございました。


これからの私や元スタッフたち、常連様にとっても
良い思い出になって頂けると嬉しいですし、
「頑固で偏屈なオーナーバリスタがいたな〜」
とか少しでも印象付いていたら、
自己満足ですがお店をやったかいがありましたよね?(笑)




さよならパーティーでは、
エスプレッソばりに濃いめのお別れが出来て感無量でした。
もちろん、それまでに別れを惜しんで何度もご来店くださったお客様に、
はるばる遠方より駆けつけて頂いたお客様や元上司、
決して少なくはない同業者の仲間たちや先輩たち。
しっかりお別れができたとは思いませんが、
またの再開と再会を楽しみに今後も励んでいきますね。






さて、クローズから1か月という時間をかけて、
やっと次のステージへの道筋を見出しました。




私、野方は東京で生活することにしました!





なぜか?と言いますと、
情報の発信地で生活することは、
これだけ情報化社会に生きていても必須だなと考えたからです。

ネットやSNSで調べるだけではなく、
目で見て、
耳で聞き、
鼻で確かめ、
舌で堪能し、
脳にインパクトを、
満足に与えられるかどうか?はとても大事に思います。



何よりも、
活きている人との縁はもっと大きいかもしれません。
多大なる何かを発信する人間になりたいと思ったら、
日本にいる以上はやはり東京だなと感じております。




もちろん、
学生時代からバリスタ修行期を含めて東京に慣れていることもあります。
友人も昔の職場仲間もたくさんいるのも刺激になりますから。




そして来月は、
ヨーロッパに再度滞在してきます。
10年前に滞在したときに感じたことは、
移ろいやすい世の中に生きている今、
どのように感じるのか?は非常に楽しみです。



行ったことのない新しい土地に出向き、
触れたことのない文化や歴史と向き合い、
今後の人生における何かしらのスパイスを感じられたらなと思います。




当然フットボールやカッフェやバール、イタリアンは外せませんが(笑)






帰国後に何をするか?
何をしたいか?という今後における自分の描くべく夢を見出したいなぁ。
そして、描いた夢をどう世の中にどうすれば還元できるのか?
ビジネスとして継続性や発展性があるのか?
それは自己満足なのか?それとも社会性を伴うものなのか?
いろんな要素をインプットすることで見えてくるのではないか?と思っております。




ただお店をやることも素晴らしいことですし、
展開することができればプラスになることは間違いないでしょう。
しかし、そこに利益追求しかないようだと、
それはきっと私にとっては虚しいこと。
意味のあることに生きる時間を費やしたいものです。
こういう考え方がきっと何かのヒントになってれば嬉しいです。



さて、福岡で過ごすのもあと2日。
約10年過ごした福岡ともしばしお別れです。
沢山の出会いと喜び、
与えてくれた試練に感謝しております。
本当に多くを学ばせて頂きました。
すべてを活かすことが出来ればいいなと思います。

心の底より感謝いたします。








また、いずれ更新します。
私たちの歩みは止まりません。

どうぞお楽しみに。

posted by pertossini at 01:27 | 日記